暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
従兄弟の葬儀
2012年02月13日 (月) "
出棺の儀 土日は、従兄弟の葬儀に行ってきた。
 従兄弟連中は最年少組も60を超えてきていて、一つ上の親の世代はみんな亡くなってしまった。
 今回亡くなった従兄弟も、東海道を歩くツアーに参加して二年をかけて今月初めに完歩したばかりで、元気だったのだが、数日前に風邪から体調を崩して、心筋梗塞を起こしてしまったらしい。享年67歳である。

 生前の写真を見ると、気のせいかちょっと疲れているように見えてしまう。40を過ぎて体力が下り坂になると、頭で考えて出来ると思うことと、実際の能力の間に差が出てきて、元気な人ほど、頑張る人ほど危なくなってくる。
 自分がそれに気付いたのは、40になった頃だったのだが、実際に体力に会わせた修正は出来なかった。その修正は常に10年以上遅れていたし、体調を崩すなどの失敗がないとなかなか思い知れないものだ。(^^ゞ
 特に男は見栄坊だし、社会的役割で自分の価値を計るクセがあるから、無駄に無理を生じがちである。

 若いときは生きている事には何の苦労もなかったから、甘く考えがちであったが、歳を取ると生きていることが毎日不思議になってくる。生きていることはバランスのたまものであり、腹を立てたり、ガッカリすることだけで、気分が変わり、体調も変わることが感じられ、慎重に生きなければならぬと思うのである。

 従兄弟連中で、故人を偲ぶ中で、以前話していた従兄弟会でもやはり時々やって、親交を深めておこうかという話になった。なにしろ、「知らせがないのは無事な証拠」というわけで、こんな事でもないと滅多に会わないのだから。

 別れ際に、「また機会があったらヨロシク。」と一人から声が出たら、すかさず「あ、次の機会は俺だと思っているだろう。」と声が飛んでいた。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック