早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
私がMフォーサーズを選んだわけ 2 
2012年02月15日 (水) | 編集 |
先日「私がMフォーサーズを選んだわけ」を書いたのだが、早速「あれでは、理由になってません。(^o^) 」とつっこみが入ってしまった。(^^ゞ 実際、前書きだけで、長くなったので、強引に「楽しんで使うには良さそうなのである。」とまとめてしまったのだから、むべなるかなと言うことである。

 前回述べた論旨としては、ミラーレス一眼は売れ筋になってきたので、各社が新製品を出して来ているのだが、将来の主力として本気なのは、まだSonyとOlympusとPanasonicだけだろうということと、撮像素子はSonyに分があるが、システムとしてまとめたときには、撮像素子が小さいことがアドバンテージになることもあるということなのだ。
 だから、どっこいどっこいなのだが、小型でまとまる事と現状のレンズ資産等を考えると私は、Mフォーサーズにバランスの良さで魅力を感じたと言うところだ。ただ、デジカメの進歩は早く、現在の機種が数年先に実用になっているとは思えないところもある。価格も安いので、フイルム時代のマウント選びのように真剣になる必要は無さそうである。(^o^)わははは・・・
               以下雑文、論旨無し(^^ゞ

 ところであえて、現在のSonyのミラーレスの評価を左右する点を挙げるとすれば、入門用のレンズが大変安いことである。(^o^)わははは・・・Mフォーサイズのレンズよりも安い。16mmや30mmマクロ等、価格的には大変魅力的な値付けだが、レンズはカメラにとって撮像素子の性能より重要な項目である。レンズが造る映像の質がカメラの最終的な評価を決めるので、営業政策上レンズの質を下げるようなことがあると、折角のシステムが台無しになってしまう。高性能を狙ったパナのライカ銘ズミルックス25mm f/1.4とソニーのコンタックス銘ゾナー24mm f/1.8が定価で7万円と10万円だが、本来はこの程度の差が生じてもいいはずなのだが、ソニーさん大丈夫か。

 「camera」はもともとの語源であるラテン語では、「小さな部屋」を意味する。暗箱にレンズがあれば、カメラである。ミラーレス一眼は光学系から余計なものを排除しているので、実にカメラらしく、レンズ設計が自由なので、レンズの性能を最高度に発揮できると思うから、この点には期待したい。逆に本気で超望遠を含むフルシステムを組んで写真に打ち込むならば、倍率の高い光学ファインダー無しではまだ困難だと思う。デジタル一眼レフはもっとファインダーにお金をかけて、差別化を計るべきだろう。

 一方、ミラーレスの特徴は、実は構造的にも、マン・マシン・インターフェイス的にも、スチール写真機ではなくて、ムービー撮影機なのだと言うことだろう。これが要因で家庭用高級カメラとしては、今後も急成長する可能性があると、私は思う。これまでのデジタル一眼レフを、家庭から駆逐してしまう存在になるかも知れない。
 家電メーカーのパナソニックがミラーレス一眼に一番乗りをして、おおいに力を入れているのは、ここにアドバンテージを見いだしているからだろう。

 旧来のデジタル一眼レフの市場は、キャノンとニコンで8割を押さえていて、今後も揺るぎはない。その他のメーカーとしては、急拡大する新市場のミラーレス一眼で、ぜひとも割り込みたいところではある。
 コンパクトデジタルカメラの低価格機はすでに携帯電話に食われてしまっているから、このミラーレス一眼を制するかどうかは、カメラメーカーの将来を決定し、死活を握っているのかも知れない。

   A photo of the day
青空に夏みかん
 なつみかんは、冬に実るのになぜ夏みかんなのかと思っていたが、初夏になると酸っぱさが減って生食できるようになるかららしい。消費地では初夏に店頭に出るので夏みかんというのだ。最近は夏みかんを食べないので、そんなことも判らなくなっていた。(^o^)わははは・・・
 冬空には夏みかんがよく目立つ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
買わ(え)ないレンズは資産じゃない
●ツッコミ失礼しました。いや、斯界の俯瞰的講評は面白かったのですが、結局のと
ころ、安さと頃合いさという、参考にする側には決め手を欠いた情報しか入らな
かったので(^^;。

●2回のご説明に共通し強調されたのは、レンズ資産の現状と将来性。それも複数企
業がオープンにした規格であれば後発参入も期待でき、一社独自規格のように梯子
を外される危険も少ない。比較されるS社はβビデオやメモリースティックで消費者
を泣かせていますからね。まあMF陣営でも、AF機構に出遅れてシェアを失った
O社や協働相手を間違えてVHDに走って盲信型消費者を犠牲にしたP社など失敗もあ
りますが。

●レンズの将来性、これは了解です。しかし、撮像素子の大きさが、レンズ系や総重
量で語られるのもどうかなあ。やはり性能機能であり、その性能機能のために
は、太いレンズも受容することになるのですが、それは後述するとして、まずはそ
のレンズの話。

●確かにレンズの選択肢は気になります。今のところも将来も覇権ほどのシェアをも
つ規格は出てきそうもない業界で、レンズの選択肢には不安が残ります。しかしな
がら、そうであればこそ、将来を何も考えずに今入手できる最善のセットを買うべ
しというのが私の考えです。

SONYの16mmは魅力的に安い。その安いレンズが、ボディセットだともっと安いので
す。
常用してもよさそうな軽い16mmは、単体定価25k円で、流通価22k円程度でしょ
う。ところがNEX5D系の流通価格でみれば、最安値ベースは、
ボディ 55K
ボディ+広角ズーム 58k
ボディ+広角ズーム+16mm 66K
と標準搭載用に設定のある広角ズーム(+3k円)ほどではないにせよ、これにオン
すれば、なんと1万円以下で16mmがついてきてしまう。それこそSONYさん大丈夫か
です。
(私はもっと安く買えたので差はもっと詰まります)

●つまるところ、メーカーも最初に買わせなかったら、後から買い足しはしてくれな
いと割り切っている感があります。昔はなけなしの金でまずボディと標準レンズを
買い、これを使いながら次のレンズを狙っていった。広角なのか標準中心のズーム
か、はたまたマクロかは人それぞれでしょう。だから、最初のボディを選ぶとき
は、今後、どこかのシステムを買い続けるお約束になってしまうので悩んだわけだし、
その後もゆっくり楽しめたのです。

●現代はどうでしょう。デジカメはもはや一生モノの規格ではなく、パソコンと同じ
く毎年進化を続けるコンピュータ付き暗箱。進化のどこかで行き詰まれば新しい規
格に移行してしまうことは明らかなので、先のことより、今のこと、と考えるに至
りました。

個人のフトコロ具合もあります。羅列された選択肢のどこまでをいつ買えるの
か。買える頃にはボディが時代遅れになってるのではないか。となって最後まで買
えないケースがあるとすれば、買わないレンズは資産に勘定できない、ということ
にもなるのですよ。

もっともホンネでは、他のカメラメーカとの連携は無理としても、爆発的に売れれ
ば、シグマやタムロンなどレンズメーカーが他社用に開発したレンズのマウントを
改めてくる、せめてマウントアダプターくらい出してくれることを期待してはいま
す。(タムロンさんは既に一種類だけ発売)

●ところで撮像素子の話に触れるには長くなりすぎましたが、キーとなるのは取得画
像の透明感。空気の距離感のようなものです。これは画像のダイナミックレンジを
表すように思えるのですが、ご提示撮影例は、少し物足りません。もちろん光源や
被写体の状況によることは承知ですが、今度APS-Cの撮影例でも出してみましょ
う。本日はここまで。
2012/02/19(日) 04:28:30 | URL | Maco #mQop/nM.[ 編集]
松下さん大丈夫か!
 Lumix GF2 の価格はもっとすごい。(^^ゞ
 ボディ  25400円
 レンズキット 31200円
 ダブルレンズキット 33800円 ですが、
 14mmレンズ単体で、29700円なのですよ。
 つまり、ボディ+ズームレンズは、3900円の計算。
 これでは、ヤフオクで、セットばらし品が横行するわけですな。(^0^)わははは・・・
2012/02/22(水) 17:05:43 | URL | 瓢鯰亭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック