早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
膝の痛み2 
2012年04月23日 (月) | 編集 |
 膝の痛みは軽くなったが、まだ全快とはいかない。膝に自信がないので、踏切や横断歩道でも駆け抜けてやろうという気が起こらない。(^o^)わははは・・・

 ところで、変形性膝関節症とされる人は、問題を生じている膝関節の治療以上に、それを生じさせている原因を取り除くことが必要で、原因を考えて、体重を落としたり、足腰を鍛える体操をすることが、問題箇所の医学的治療より効果があるらしいのだ。

 この膝の痛みという奴は、痛む場所は膝の関節なのだが、大本の原因は足腰の筋肉が弱ることらしい。人間の身体は良くできているから、大股で体重を足の骨の中心にしっかり乗せて歩けば、関節の負担は少ないのだが、膝を曲げてちょこまか、だらだらと歩くと、しっかり伸びていない不安定な関節に、体重を乗せることになるので、膝が笑ってくる。そしてO脚だと、すねの骨の内側に移動加重として全体重の数倍の力がかかってしまうのだ。
 こうなってしまうのは、足を引き上げて大きく踏み出す、腿の前側の筋肉が衰えて、関節を大きく伸ばして下肢の上に乗り移ることができなくなっているからである。
 そして、体重の乗った下肢を引っ張って、一本の棒に変えて立ち、膝が外側に崩れるのを防ぐためには、腰の外側の筋肉を鍛えて、骨盤を含めて安定させることが必要らしい。
 さらに、膝の安定のためには、腿の前側の筋肉と内側横の筋肉で関節をゆるみ無く絞めることが必要である。

 そんな訳で、人によっては先ずはダイエット、次に体操とストレッチが大切なのだ。
 以下を参考に自分の工夫を加えて、筋力保持を考えることにしよう。(^^ゞ

 ★膝関節を支える筋肉を鍛える膝痛体操

 ★膝の可動域を広げるストレッチ

 ★膝のお皿周りのストレッチ

  A photo of the day
沼袋実相院の八重桜
LumixGF2 lens=lumix14mm f2.5
 実相院@沼袋の八重桜がいま盛りになった。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック