曜日の起源

 現代人の生活で最も使われている繰り返しのサイクルは一週間であろう。
 曜日が判ればその日に自分が行うであろう行動がかなり細かく想起される人が多いはずだ。ゴミ出し・テレビ番組・定休日etc・・・。
 この週という概念はどこから来たのであろう。そして、なぜ日本語では日月火水木金土なのか。

 調べてみると、週という概念はメソポタミアの古代バビロニアで、生まれたらしい。ここでは太陰暦で月の満ち欠けで1ヶ月を定めていたが、30日ではワンサイクルが長すぎるので、これを4つに割って考えたのが週の起源である。
 使っているうちに月とは独立して、7日周期で独立して廻る日数の数え方になった。
 これが、エジプトに伝わって、天文学の概念と一緒になって、太陽と月と5惑星の「七曜」が各時間を支配して「1日を24時間とし、7日で1週間」という構成で考える太陽暦の暦ができたらしい。このエジプトの暦がユダヤ教やキリスト教の暦に引き継がれる。
 この暦は天体の動きをつぶさに予測できたので、暦に各地の星占いの内容が糾合されて、インドにも伝わりインド占星術に発展する。

 さて、8世紀の唐の高僧、不空金剛(父はインドのバラモン)が、皇帝の命によりインドから大量の文献を唐へ持ち帰り、中国語に翻訳した。このなかに「宿曜経」と呼ばれるインド占星術を詳しく記した文献があったのです。
 彼が翻訳した際、5惑星の名前は、五行思想による星の名前で翻訳された。五行思想とは古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説である。

 この最新の教典を当時入唐していた空海ら遣唐使が持ち帰り、朝廷が発行する具註暦にも7つの曜日が記載されるようになり、吉凶判断の道具として使われてきた。この具註暦に藤原道長が日記をつけたのが、『御堂関白記』であり、毎日の曜日が記載されているそうである。

 しかし、中国ではその後仏教が衰退し、宿曜経が一般化することはなかったようだ。日本でも、週の概念が庶民に一般化することはなかったが、その後も朝廷の暦には曜日が現在に至るまでしっかりと受け継がれてきた。

 さて、明治になって、急進的な欧米化を進める明治政府は、明治5年の年末、突然に従来の太陰暦を廃止し、欧米のグレゴリオ歴を採用する。この時、当然ながら欧米の暦に引き継がれていたエジプト以来の「七曜」が日本の庶民の生活に復活することになった。だから七曜の歴史は大変に古いが、日本人の生活が七曜で回り出したのは、最近のことであると言えよう。

 ちなみに、この太陽暦の突然の採用の理由は、公務員給与の削減にあったらしい。大隈重信の回顧録によれば、当時政府の財政は困窮しており、グレゴリオ暦に移行することにより、2日しかない明治5年12月の給料は支払われなかった。また、明治6年は旧暦だと、13ヶ月有るのだが、新暦により12ヶ月になった。これにより政府の財政は大いに助かることになったらしい。また、旧暦の習慣だと休業日が5日ごとにあり、節句の休み等も有るので、年間の約4割が休業日だったらしく、これを一気に50余日の日曜日だけに減ずる効果もあったそうである。
 昔から政府のやろうとすることはあまり違わないのであった。(^o^)わははは・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)