毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
古いGRデジタル
2012年05月17日 (木) "
 暫く使ってみたリコーのGRデジタル1型。性能はやはり今のカメラにはかなわない。フィルムに相当する撮像素子の性能やピント合わせの機能が今のカメラに比べると、段違いに低速・低感度なのだ。だからできる写真は実はちょっぴりガッカリだ。(^^ゞ
 しかし、使う楽しさは健在だ。
 こういう条件だから、こういう具合に撮りたいと思うと、それが操作できるキーがちゃんとある。だからカメラを使いこなす事ができる感じがある。
 使い手にとっては、これは大切なことなのである。

   借りてきたリコーのGRデジタル1型

 このカメラを使って、私が思ったのは、カメラというのは、原理的には単純な物なのだから、素人向けに、あれこれオートでブラックボックスにするのも良いけれど、シンブル単純に徹することで結果的に安くて高性能な物を提供して欲しいということだ。。
 日本の物作りがダメになったのは、メーカーの人間が自分の信念で作ることを止め、不特定多数のあいまいな顧客の欲しがりそうな物を作るというのが当たり前になって、結果として何処のメーカーも同じような物を作り過ぎたからだろう。
 作り過ぎて、数ヶ月で誰も欲しくなくなる物を大量に供給することは、価格の崩落を招きメーカーの自殺行為である。

 私が、どういうカメラが欲しいかというと、まず、レンズは単焦点で、ピントのキリリと出るレンズにしたい。ピント合わせは、マニュアルで距離リングにメートル目盛りを入れ、ゾーンフォーカス撮影でよい。(^^ゞ
 必要が有れば液晶画面に丸いリングを表示して、画面の中心のボケの量を円の大きさで表示してくれればいい。ピントリングを動かすとこの円が画面中央部でだんだん小さくなって、また大きくなる。この一番小さいところが、ピント位置という訳だ。

 ボディには透過光式の光学ファインダーを実装して欲しい。
 レンズは沈胴式でも良いし、固定式でも良いが、小さいことより頑丈であって欲しい。
 露出は絞り優先で、シャッター速度が表示されればいいし、露出補正は是非ダイヤル式にしたい。
 そして、何より首から両吊りストラップで吊したいのだ。
 このカメラでなければ、この写真は撮れなかったなと思えるカメラができれば、それは大成功である。

 単純だと撮影スタイルが強制されるが、それが嫌な人は何でもできる万人向きののカメラを使えばいいと言う割り切りで、個性的なカメラを作って欲しいと思う。こういうカメラは割り切って安くできるはずなのだが、実は普通の人が買わないと考えられてしまうので、妙に高い物になってしまうかも知れない。
 安物だが高性能な品のはずが、趣味人のためのこだわりの品(ブランド品)になってしまうのが、現代の悩みである。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック