早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
金環日食の観測 
2012年05月21日 (月) | 編集 |
 本日は金環日食であった。曇りだったがちょうど雲の切れ間だったので、欠け初めから金環日食になるまでは観測できた。表に出てみたら、隣の従兄弟も観測に出ていて、観測眼鏡を借りることができた。他にカメラのレンズや紙コップの底に開けたピンホールなどを持ち出して、太陽の像が結べないか調べてみたが、老眼鏡の凸レンズが一番良かった。金環日食が雲間に隠れてしまって、日蝕眼鏡で見えなくなっても、この方法では像が見えていた。
老眼鏡のレンズで日蝕観測
 写真は、金環日食終了後に部分食の像を近隣の門柱に投影したところである。金環日食のときは白ボール紙にきれいなリングの像が作れていたが、カメラを用意していなかった。(^^ゞ

 しかし、専門の日蝕眼鏡はさすがに良くできていた。子供の頃にも日蝕があったが、こんな眼鏡はなくて、今では危険といわれている、ガラスにろうそくの煤をつけたものや、写真フイルムの真っ黒の部分を使って観測機材を作るのが当たり前だったが、あのころは他に方法がなかったので、大丈夫だったんだね。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック