早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
パソコン画面が真っ黒け 
2012年08月20日 (月) | 編集 |
 日曜の夜だった。数日家を空けて帰ってきて、パソコンのスイッチを入れたら、画面が真っ黒け。(∋_∈)
 スイッチは入るのだが、起動信号音無し、各ドライブも動かない。リセットも出来ない。そのうち電源も切れなくなった。

 諦めて、一晩寝て考えた。
 不在だった土曜日は雷もあったようだし、パソコンの様子から見て、マザーボード関係に問題がありそうだった。他の部品まで将棋倒しに壊れるといけないので、各ドライブ機器の接続コードを外して、いろいろチェックする。
 ネットで、類似の問題を検索すると、二つの可能性が強くなった。

 ひとつは、マザーボード上に設置されている「CMOS電池」の電池切れである。もう一つはメインメモリーの異常だ。CMOS電池が切れると、パソコンを動かすBIOSが起動できない。また、メインメモリーがダメだと画面が出る前に止まってしまうはずである。このマザーボードは2005年8月購入だから、電池は既に使用期限を大幅に超えている。この可能性はかなり高い。
 昼飯の後、百円ショップで交換用のリチウム電池を買ってきて、まず電池交換。再起動すると画面表示は出るようになった。

 しかし、そこで、止まってしまう。そこで、怪しいメインメモリーをいったん外し、再度取り付けて、電源を入れ直してみると、見事にBIOSの立ち上げ画面が現れた。(^o^)わははは・・・
 これで、シメシメである。ドライブを再接続して、修理完了だ。
 再発しませんように。(-人-)南無! 魔疹安全、虎舞留退散!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック