早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
男の贅沢★濃旨キーマ 
2012年09月14日 (金) | 編集 |
キーマカレー インドカレーは、あっさりしていたので、日本的な濃厚なカレーを食ってみたくて、近所のスーパーで「男の贅沢・濃旨キーマ」というレトルトカレーを買ってきた。これも安かったのだ。確か178円、基本的に200円越えの製品のはずである。
 味の方なのだが、全体がドロドロっとネットリ系で、その中に鶏挽肉のツブツブ感があって、具はジャガイモがゴロリ、かなりスパイシーな味付けである。香りもかなり癖があり、濃旨の名に恥じない。(^o^)わははは・・・
 こういう個性的なカレーも商品化されていると言うことは一寸驚きであった。この手のカレーを理想として、自作している人も多いはずだ。この手の物が200円以下で買えるのなら、街でつまらぬカレースタンドで無駄な一食を費やすべきでは無かろう。(^o^)わははは・・・
 が、ちょっと味がくどいのが気になった。やり過ぎているのではないかい。
 食べ物というのは少し物足らないところがないと、飽きられてしまう。
 過ぎたるは及ばざるがごとし。昔の人は巧いことを言ったものだ。

 特徴として、アンデスの元気の素「マカ」が入っているらしい。このへんも実に男のカレーというコンセプトだ。出来れば私も元気になりたいものだが・・・(^^ゞ。
 しかし食べ物で元気になろうというのは、やはりおかしいだろう。現代の男がどうも元気がないのは、精神的に鬱屈させられているからだと思う。男はだいたい自信過剰で、ナルシストだから元気になれるのだ。多くの人が疑似鬱状態ではとても食べ物で元気にはなれない。
 マカを食べて精力が付くのは、王様のように「後宮華麗三千人」という訳で、普通に元気なのだが、普通ではお勤めが果たせない。元気でもなお元気であらねばならぬ立場の人である。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック