毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
googleカレンダーこそ超整理手帳だった
2012年10月10日 (水) "
 来年の手帳として、超整理手帳2013を使うかどうかで、悩んでいたのだが、その原因が判った。

グーグルカレンダーの様式は超整理手帳と同じだった 右の写真が、現在私が使っているグーグルカレンダーである。
 3週間一覧表示で使っている。
 超整理手帳を使ったことのある人ならば、表題でもう判っているかもしれない。このカレンダーのスタイルこそ、超整理手帳の様式で、超整理手帳の蛇腹予定表のように前後にめくっていけるるから、特にバーチカルタイプと瓜二つなのだ。(^^ゞ

 つまり、私は紙とWebの両方で超整理手帳を使っていた訳で、最近は目の前のディスプレイには、常にこの様式が、表示されている。そこで紙の活用が減ってしまっているのだ。なんのことはない、気づかない間に超整理手帳をデジタル化して使っていたというわけだ。

 いっぽう、紙媒体の良いところは、この三日間の天気の良いところで、実施とか、この日に間に合わなければ、次週の月曜を予備日としておくなど、変幻自在な予定を線や矢印のディテールで表現できるところだと思う。このようなもやもやとした推敲を、頭の中か紙の上か、どこでやるかなのだ。

 結論として言えるのは、物質的な超整理手帳に拘泥する必要はない訳で、頭の中には超整理手帳のシステムがあるわけだから、手元に置く形式を超整理手帳という紙媒体としても使い続けるか、それともEditのマンスリーや画面のA4プリントアウトで代用するかということになる。


 以上のことが判ったので、手元で扱うスケジューラーとして、どのような形式が一番自分に合うのか、落ち着いて考えることが出来そうだ。(^o^)わははは・・・
    タグ: #手帳
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック