毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
まぐろのカブト焼き
2013年01月12日 (土) "
 以前から気になっていたランチを食べに行った。人気のお寿司屋さんの1日限定10食なので、以前お店で見かけて凄いと思ったのだが、なかなか食べるチャンスがなかった。(^^ゞ
 今日は空いている土曜日を狙って早めの12時に入店である。
 そして、これが、その全景である。

  magurokabuto01.jpg

 マグロ定食と言って、メインはマグロの兜焼きである。それにネギトロと刺身とアラ汁がつく。兜焼きはマグロの頭を先端から兜割にした半身である。30cmはあろうかという大皿からはみ出す豪快さだ。(^o^)わははは・・・
 昼の定食としては、写真では小さく見えてしまう普通サイズのネギトロ丼だけで、大の大人でも充分な量なのだが・・・

 このカブト、硬い表皮をはがして、身を取り、さらに手づかみで骨を分解して、食べ進む。かなりの大仕事なので、写真左上の、作業用スプーンと骨捨て皿がついてくる。
 昼飯など10分もあれば食べてしまう私だが、これは量に圧倒されて、1時間近くの食事時間を要した。ランチの時間にこれを出すのは、少々無謀なのではないか。(^o^)わははは・・・
 ほぼ、完食して薄い骨だけにしたが、眼窩周辺のトロトロのコラーゲン部分なと、さすがに鼻についてきて、胃袋の限界であった。しばらくは焼いたマグロは食べる気にならないかも知れない。

 しかし、この定食が1000円である。煮物ではなくて、焼き物だから、これに火を通す手間や、その間グリルを占領することを考えたら、こんな料理が一般店舗で出るなんて信じられない。いったいどうなっているんだ。

 店は目白の鳩山邸の入口近くの裏路地にあるビック寿司という店である。この店はビック築地という格安鮮魚スーパーマーケットの系列なので、材料の仕入れにはことかかないのかも知れないが、それにしても恐るべしである。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック