早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
イジメの連鎖 
2013年01月27日 (日) | 編集 |
 大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の2年男子生徒が顧問の男性教諭から体罰を受けた翌日に自殺した問題だが、個人的にこういう陰湿な話は苦手なので、あまり情報に触れたくなかった。(^^ゞ
 しかし、ネットで「これはイジメではないのか」という趣旨の小論に触れる機会があって、ちょっと目の覚める思いがした。マスコミで体罰との報道なので、こちらもつい体罰の行き過ぎかと考えていたのだが、どうもそうではない気がする。

 これはいわゆる、力の強い者が弱い者をいたぶる「パワーハラスメント」ではないのか。生徒は肉体的に辛くて自殺したわけではあるまい。精神的に追い詰められて自殺したのである。これは暴力が無くても起こりうることだ。
 自殺した生徒は、チームの主将である。この主将一人が特に顧問の教諭から追い詰められていたように思える。職場等でリーダーシップを握るために、職制による見せしめ的なイジメが行われることがよくある。課長が係長を面罵することで、課内での自己の権力を誇示するような場合だ。係長が優秀であるほど、その上に立つ自分の地位を誇示することができる。この教師はそのようなリーダーシップを指導の方針にしていたのではないのか。
 だとすれば、体罰云々の報道は問題の方向を間違えていることになる。肉体的な制裁の問題ではないのだ。

 この事件に伴い、大阪市の橋下知事が介入して、桜宮高校の体育関係学科の入試が中止されることになった。そして奇妙なことに試験の内容はそのままで、名称だけ普通科として行われるらしい。この決定に一人だけ反対した教育委員長は「一夜漬けのような内容だ」と語ったらしい。
 この事件をうやむやにすることは許されないが、この問題を正しく解決できるのは、在学生や教職員による時間をかけた反省と改革だと思う。外部からの実力行使で解決できる問題ではないのだ。体罰がスポーツ関係学科の廃止を持って解決とできるなら、日本の社会問題は全てかんたんに解決できるはずだ。(^o^)わははは・・・
 多くの卒業生も誇りにして居るであろう学校の歴史と伝統を、この事件だけで全て悪として葬ってはならない。

 そもそも橋下知事は、体罰容認派だったはずだ。「言って判らない奴には痛い目に合わせる」主義のはずである。それが、体罰批判の急先鋒にいるような顔をしている。変わり身の早さはさすがと言う他はない。彼は自分に批判的な職員に対しては、堂々とイジメを展開している首長である。今回も当事者の教育関係者の意向を無視して、自分の思いつきを押しつけようとしている。生徒も受験生もいい迷惑だ。だから彼の改革は恨みを買うし、表面だけ取り繕って内容は後になる。

 イジメはイジメの連鎖を生む、いじめられた者は、その下にいじめる対象を探すものだ。自分を守るためには自分より弱い者が必要になるのである。これか最近の社会の風潮であり、橋下氏はこの風潮に乗って出世したのである。
 いじめられた人が、自分をいじめる立場の人を、さらにその上からいじめる人を選んで、自分がいじめたつもりで喜んでいる。(ToT)・・・

(-人-)な~む、色即是空、空即是色、チ~ン
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック