浦賀の渡し船

 幕末にぺリーが来航した浦賀には、かわいい渡し船が現役で働いている。この渡し船は起源か1725年と考えられていて、現在の船は神社の御座船のデザインだ。横須賀市有だが運営は民間に任せている。この船が以前から気になっていた。

A poto of the day SONY HX5v
浦賀の渡し船

 浦賀湾は奥行きが長く幅は狭い。渡し船は湾の両側の町を2分でつなぐが、岸を歩けば30分以上かかるのだ。時間表などはなく、桟橋入口にある押しボタンを押せば、直ぐに迎えにきてくれる。とんぼ返りを繰り返しているのだ。
 運賃は、150円で朝の7時から夜6時まで、働き蜂のように運行しているが、お昼は一時間お休みである。(^o^)わははは・・・正月もお休みらしい。このへんは如何にも地元の交通機関らしいところだ。

 船が神様を乗せる御座船の格好をしているのは、この両岸にその名もありがたい東と西の叶(かのう)神社があるからだろう。神社は日本に沢山あるが、願いが「かのう」という名の神社は他にないらしい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)