エル・グレコ展

 先週のことだが、都美術館のエル・グレコ展を見てきた。エル・グレコの作品をこれだけ見ようと思えば、何年かかるか判らないものが、世界中の美術館から、東京の一美術館に集められているのだから、このさい見なくてどうする!である。
 エル・グレコの作品は宗教画が多くて馴染みがないし、荒いタッチで題材を劇的に表現しているので、映画館の看板や風呂屋のペンキ画なども連想して、以前はそれほど好きではなかったのだが、江戸時代より前の人がよくこれだけの表現をした者だと感じ入って見るようになって、最近は絵を見てほれぼれしてしまうようになった。(^o^)わははは・・・

 今回の目玉はなんといっても、大作「無原罪のお宿り」の来日であろうが、展示の最後に置かれたこの作品の前にひざまずいて見上げると、遠くから見れば縦長に引き延ばされてゆがんだように見える絵が、本来の比率で神々しく見え、本当に眼前の空中に起きているように感じられ、事実を見たように思われるのには、少々感激した。

 展示を見たのは一時間ほどであるが、改めて反すうしようとおもって、分厚い図録(2400円)も買ってしまった。(^^ゞ 最近はなるべく、ものは増やさないようにしているのだが。(^^ゞ

 美術館の後は、根津の釜竹へいって、美味いざるうどんを食べ、根津神社にお参りして、団子坂のエスプレッソ・フアクトリーで、こってり濃いエスプレッソ・コーヒーを2杯いただいて帰った。いろいろ良い物に触れて、久々の満足感であったが、これがNiKonのP310購入に至る後押しをしてしまったような気もする。(^o^)わははは・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)