早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
エル・グレコ展
2013年03月21日 (木) | 編集 |
 先週のことだが、都美術館のエル・グレコ展を見てきた。エル・グレコの作品をこれだけ見ようと思えば、何年かかるか判らないものが、世界中の美術館から、東京の一美術館に集められているのだから、このさい見なくてどうする!である。
 エル・グレコの作品は宗教画が多くて馴染みがないし、荒いタッチで題材を劇的に表現しているので、映画館の看板や風呂屋のペンキ画なども連想して、以前はそれほど好きではなかったのだが、江戸時代より前の人がよくこれだけの表現をした者だと感じ入って見るようになって、最近は絵を見てほれぼれしてしまうようになった。(^o^)わははは・・・

 今回の目玉はなんといっても、大作「無原罪のお宿り」の来日であろうが、展示の最後に置かれたこの作品の前にひざまずいて見上げると、遠くから見れば縦長に引き延ばされてゆがんだように見える絵が、本来の比率で神々しく見え、本当に眼前の空中に起きているように感じられ、事実を見たように思われるのには、少々感激した。

 展示を見たのは一時間ほどであるが、改めて反すうしようとおもって、分厚い図録(2400円)も買ってしまった。(^^ゞ 最近はなるべく、ものは増やさないようにしているのだが。(^^ゞ

 美術館の後は、根津の釜竹へいって、美味いざるうどんを食べ、根津神社にお参りして、団子坂のエスプレッソ・フアクトリーで、こってり濃いエスプレッソ・コーヒーを2杯いただいて帰った。いろいろ良い物に触れて、久々の満足感であったが、これがNiKonのP310購入に至る後押しをしてしまったような気もする。(^o^)わははは・・・
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック