暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
室生寺五重塔@奈良
2013年04月01日 (月) "
 朝の9時に奈良駅を通過したときには、まだ雨は降っていなかったのだが、室生寺でバスを降りたら、降り出していた。奥の院まで足を伸ばしているうちに土砂降りになった。(^o^)わははは・・・ [03/28]

A photo of the day
雨の室生寺五重塔
     Nikon P310 f=3.5 1/50s 45mm相当

 先年嵐で倒れた大木の直撃を受け、補修が完了して10数年経った五重塔だが、そんなことが有ったとは全く感じられない仕上がりである。
 この塔の特徴は、柔らかい感じの檜皮葺の屋根である。塔身は上層に行くに従って、小さくなるのだが、屋根はあまり小さくならない。下から見上げると伸びやかで軽々として、軒下に風を受けて飛び上がりそうである。
 創建以来1200年は経っている塔であるであるが、そういう古さや重さを感じさせないのである。
 今回の修理で、この屋根は後世の改修によるものだと判ったらしい。もともとは板葺きの直線的な屋根だったらしいのだ。その屋根ならばこの塔も、時代的な荘重さを持つに違いない。

 文化財の修理は後世の改変を改めて、作られた当初の形に戻すのが原則であるが、さすがにこの塔を元に形に戻す話にはならなかったようだ。歴史性よりも、多くの人に愛されて美を表現してきた文化性の方に価値があると判断されたのであろう。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック