早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
原爆の日に原発を考える
2013年08月06日 (火) | 編集 |
 原子力の利用は人類の将来に不可欠の物ですが、現在の利用法は間違っていたと思うのです。原子力を安全に無害に利用できる方法は別にあるのでしょう。
 戦争のために開発された原子爆弾という技術を、そのまま使って、「ゆっくり燃やせば発電にも使えるし、できたプルトニウムは核弾頭になる。」そんな冷戦時代の発想が現在の原子力の平和利用の根幹技術にあります。

 原子力の平和利用の錦の衣の下に、危険な核戦略というものを隠すねらいもあった。
 ここは、反省してもう一度基礎科学からやり直すのが、科学的立場という物ではないのだろうか。
 だから、政治が今言うべき事は、今までの原発は「即時ゼロ」、このスタンスがあってこそ、本来推進すべきエネルギー政策のあり方が見えてくるし、科学技術も産業も発展する基礎が築ける。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック