暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
必携スマホアプリ 防災速報
2013年09月01日 (日) | 編集 |
 防災の日は東京では、朝から暑くて、午前10時45分にスマートフォンの防災速報アプリに熱中症の警戒情報が届いた。早速恥ずかしながら、クーラーのスイッチを入れさせていただく。(^^ゞ このアプリでは電力の使用状況が95%になると、お知らせしてくれるので、それまでは安心して使わしてもらおう。一方全国的には大雨の状況らしい、先日はこのアプリが豪雨予報を送って来たので、アメッシュを見たら、近隣に雨雲が迫っていて、程なく雷を伴う大雨が降り始めた。
防災速報 情報を必要とす場所が三箇所登録できるので、自宅と別荘の住所を登録して情報をもらっている。移動中でも現在地連動通知が有るので、旅行等でお出かけ中でも、これまた安心というわけだ。大地震の時などでも、車に乗っていて揺れに気づかず津波に襲われて、ビックリした人も少なくないようだから、こういう情報をまとめて教えてくれるアプリがあるのは有り難い。

 日本人は頭が良くて協調的なのだから、情報さえ十分に与えられれば、各自が自分で対策をできる能力を持っている。民間でもこういう事ができるのだから、政府は情報の提供にはもっと真面目に取り組んでもらいたい。余計な思惑が入り込まないシステム構築が必要だ。

 もっとも放射線量や電力の使用状況など、政府の言うことは信用ならんと言うのが、国民のコンセンサスだから、ヤフーの方がまだマシと思われているだろう。(^o^)わははは・・・

このソフトの主な情報
■避難情報
自治体が避難勧告などの避難情報を通知したとき
■熱中症情報
危険な暑さが予想されるとき
■地震情報
緊急地震速報と地震情報の通知
■豪雨予報
予測降水量の通知設定は20mm/h~80mm/h以上から設定
■気象警報
■津波予報
■噴火警報
噴火警戒レベルが4、または5
■放射線量
直近の1時間に計測された放射線量の平均値が、過去180日間の平均値と比較して上昇した場合に通知
1.5倍、2倍、5倍、10倍の設定が可能
■電力使用状況
■計画停電
■防災訓練等のお知らせ

私は放射線の数値などは、1.5倍で通知にしている。直ぐに危ないわけではないが、予兆を掴むことができればと思っている。真面目な話である。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック