暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
つるまる饂飩@南新宿
2013年10月25日 (金) "
 新宿副都心で飲み会があるので、東口のハンズから急いで南新宿を抜けて歩いていたら、以前は写真屋のパレットが新装開店していた場所が、もう新しい饂飩屋になっていた。「つるまる饂飩」とあって、かけがなんと200円。(^o^)わははは・・・しかも讃岐風の、なかなか美味そうで、店内丸見えの入りやすい角店である。興味が湧いて急いでいたのに入ってしまった。まずは味チェックのシンプルかけうどんである。
つるまるの温かいかけうどん
 カウンターの端から、トレーを取って、天麩羅などのトッピングを選び、饂飩を注文して、出来たものを受け取り、会計を済ます一連の流れ作業方式はいかにも讃岐うどん風である。しかしメニューに蕎麦もあるし、讃岐を売りにしている店ではなくて、本当に「立ち食い」に割り切ったお店のようだ。お値段も釜玉やぶっかけ等、基本的なものは300円以下とお安い。
 で、お味であるが、これが美味い。高級ではないが関西うどんの味のツボを押さえていて、唐辛子などを振って、スープをすすると「ああハッピー」である。
 外は小雨模様で、腹を減らしているから、温かいうどんが美味いと思う条件は揃っているが、料理は組み合わせであって、素朴なものほど美味い不味いの差が出てくる。
 みんなが美味いと思う良い品を集めて作るのであれば、「だれでもそこそこ」である。どうということのない物で、目一杯旨さを引き出し、お客を幸せにしてくれるのが、お店のセンスというものだ。(^o^)わははは・・・

 ps お店の外観写真を改めて見てみると、ちゃんと「浪速麺の庄」と表記してあった。由緒正しき大阪の立ち食いうどんらしい。納得である。(^^ゞ
 大阪のうどんは、昆布出汁で摂ったスープが命である。温かいかけ汁が基本だから、うどんは腰が無く柔らかい。大阪では、うどんは主体ではなく、汁の具なのである。
 最近は讃岐うどんがブームで、ここからうどん開眼を果たす人も多いので、うどんはコシが命と信じている頭でっかちな人も多いのだが、全国的に見ればコシを重視しているうどんは少数派である。
 どこに美味さを見つけるかは、地方地方それぞれだから、食べ物は面白い。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック