暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
日本初の手帳は「懐中日記」
2013年12月01日 (日) | 編集 |
大蔵省印刷局の懐中日記
 先日は手帳の名称の起源は、ハンドブックの直訳だろうと書いた。それでは、中身はどうだろうと考えると、日本で初めて発行された手帳は、明治12年末(1879)に大蔵省印刷局が発行した1980年用の「懐中日記」で間違いはないようだ。写真は明治20年用のものだが、能率手帳などよりやや小振りなサイズで200頁ほどの本である。記入面は1頁2日で月ごとに会計収支の頁がある。


印刷局長の序 扉の所に印刷局長の序文があって、フランス人から1878年版のヌーベルアジェンダ(新日記簿)を得て、これは何かと通訳に聞くと、本に一年分の記録場所を設けて雑録をするのだという。それで、この様式をまねて本書を作り、人々が、日々の雑記を書き残し、毎日の会計を明らかにするのに役立てようとするものだ云々と書いてある。

 中身を見ると縦でも横でも絵でも書けるプレーンの記入欄で、「今日は何の日」なども書いてある。
 これは、まさに海外からもたらされた手帳が国産化されたもので、ポケットに入る手帳に違いない。
 なにしろ、印刷局長が通訳にこれは何だと使い道を聞くぐらいだから、当時は他に例を見ない珍品だったのであろう。(^o^)わははは・・・

懐中日記の中身


     #手帳=手帳関連記事タグ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック