早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
吉田うどん@大月 
2013年12月07日 (土) | 編集 |
 長らく気になっていた中央線大月駅前の岩殿山、巨大な岩塊の山頂に立ちたくて、先月の日曜日に出かけてきた。そこから稜線を伝って「兜岩」から「稚児落とし」へ歩いて、再び大月駅へ戻ってくる。改札は駅の反対側なので、跨線橋を越えるのだが、その跨線橋の登り口の近くに、富士吉田の名物、吉田うどんが食べられるお店がある。
 店の名を吉田屋という。もう夕方だが、腹ごしらえをして帰ることにしよう。

 吉田のうどんは硬くて有名になった。(^o^)わははは・・・
 コシがあるというのではない。もっそりと硬いのだ。つるつる食べるなんてことはできない。しっかり歯で噛んで食べるうどんなのである。

きんぴら肉うどん

 これが典型的な吉田うどんである。茹でたキャベツと甘辛く煮た馬肉と、さらにキンヒラが載っている。汁は黒くて味が濃い。具も汁も辛いから塩分摂りすぎである。美味いのだが、山梨県は男女ともに全国一の塩分摂りすぎ県であるから、他県から来た腎臓の悪い人は、食べ物には要注意である。(^o^)わははは・・・ 写真では肝心のうどんの姿が見えないが、当然太い。これに唐辛子や山椒を油で炒めたスリダネと言う薬味を入れて食べるらしくて、この店には赤と黒があるようだが、既に十分塩辛いので、今回は試さなかった。(^^ゞ

昼限定メニュー 壁を見ると昼の限定メニューで、えらく安いうどんがある。他県ものが吉田うどんの本領を味わうにはこれが良いのではないか。今度はこれを食べてみたい。これこそ地元の人が普段に食べているメニューなのでは無かろうか。 


関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック