暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
手帳の起源 ダイアリーの発明
2013年12月12日 (木) | 編集 |
 もともと「手帳」とは、日本でポケットに入る小型の本を指して作られた言葉であった。これには無地のものもあれば、日記のように様式が作られているものもあった。しかし現代ではスケジュール帳という概念で拡大され、かなり大判の本も手帳と言うようになっている。このように言葉というものは時代と供に変わるものだ。

 さて、日本での手帳は懐中日記に始まるとして、これは外国から入ってきたものだと述べた。それでは大本の外国の手帳の起源はどこにあるのだろう。日本語で読めるホームページを見た限りでは、手帳好きなら知っているイギリスの名門手帳メーカー、レッツ社が、自社こそが初めてダイアリーを作ったと広言している。

 日経トレンディネットに以下の文がある。

「レッツの歴史は古く、1796年、創始者であるジョン・レッツがロンドンにステーショナリーショップをオープンしたことにさかのぼる。商人やシティで働くトレーダーを顧客に抱えた彼は、在庫や資金の管理帳、船の出入り記録帳の必要性を感じた。
 そして1812年、誕生したのが、カレンダーに日記の要素が加わった記録帳=世界で初めて販売されたダイアリーだった。当時の手帳には休日としての日曜日が除かれた月曜から土曜日までで、情報欄には船の航行スケジュールに必要な波の状態を表す潮汐表が組み込まれていたという。
 104ページで構成された最初の手帳は、ロンドンのシティの繁栄を受けて大きな需要を獲得し、1820年代にはサイズやフォーマットにバリエーションが登場した。」

 この記述から想像すると、見開き一週間で週6日のフォーマットの手帳がこのとき成立したと想像することができる。視点を変えれば、それまでは各自がノートに日誌の様式を手作りしていたが、レッツが汎用的なダイアリーを売り出して成功したとも考えられる。

 手帳の起源はこのあたりに有るとして、重要なのは製品化されることで、手帳の歴史が始まったわけではないと言うことであろう。この辺が自動車やコンピューターの発明とは違うところだ。手帳ができる前から、日記は付けられていたし、スケジュール管理は行われていた。それは、以前御堂関白日記等の回で述べた通りである。メモを取ったり予定を立てるのは、ずっと昔から行われてきた人間の営みなのである。

     #手帳=手帳関連記事タグ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック