早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
つけ蕎麦@安土・高田馬場 
2014年01月05日 (日) | 編集 |
 年初の墓参りに早稲田にでかけたので、食べて帰ろうと思ったが、休日閉店の店が多いので、一応ググったら毎月5日はつけ蕎麦700円を500円という店が目に止まった。こういう時はまず行ってみる。(^o^)わははは・・・
 しかし、一応蕎麦屋なのだが、ちと変なのである。メニューが「油蕎麦」とか「カレーチーズつけ蕎麦」とか・・・

 さて、これがこの店のスタンダード、つけ蕎麦である。
 嬉しいことに大盛り500g無料で、板蕎麦である。板蕎麦とは山形の蕎麦で、浅い木箱の中に蕎麦が広げてある。新潟のへぎ蕎麦のようだが、あちらは海藻をつなぎにして一口ずつ盛りつけている。板蕎麦は普通の蕎麦だ。蕎麦は色黒の田舎蕎麦で、刻み海苔がたっぷりと載っている。そのまま一口啜るとしっかりした良い蕎麦である。
 で、問題はこの漬け汁だ。「辛いのにしますか。」と聞かれて、「辛いの」と言ったのだが、刻み唐辛子が載って、ラー油が表面を覆っている。(^o^)わははは・・・
つけ蕎麦 安土
 で、食べてみる。辛くて蕎麦と思って啜るとむせてしまう。(^^ゞ 漬け汁は美味い。しかし、どうも変だ。頭が混乱している。これは蕎麦なのかつけ麺なのか。美味いのだが、そばつゆで食べたいとか、中華麺の方が良いかなとか・・・
 既成概念が頭の中でグルグルと回って、味わいの邪魔をする。(^o^)わははは・・・

 ここつけ蕎麦安土は、中盛り・大盛りまで無料とか、客席テーブルの生卵・揚げ玉・すりごま等の無料トッピングの品揃えなど、中華つけ麺屋スタイルの日本蕎麦屋なのだ。
 途中で生卵も割り入れてみると、すっかりマイルドな味だ。蕎麦湯で汁まで飲み干して、ああ美味かった、ご馳走様である。

 さぁ・・・て、「カレー蕎麦など、風味を味わう蕎麦を冒涜するものだ。」と、職場の安いカレー蕎麦にさえ、憤慨していた☆上氏なら何と言うだろう。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック