早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
トルコライス@二丁目食堂トレド
2014年04月01日 (火) | 編集 |
 今日は花見に外出したので、昼飯は神楽坂でトルコライスを食べた。
 今日食べたトルコライスはこんな料理。

トルコライス@トレド食堂

 一皿にナボリタン・スパゲティとカレーライスとチキンカツを盛りつけている。言わば洋食屋の最強クリーンアップトリオを全部載せにしたワンプレートと言うわけだ。店の説明には「大人のお子様ランチ」とあった。(^o^)わははは・・・

 トルコライスは実は長崎のご当地グルメらしいのだが、ナポリタンと合わせるのは、本当はカレーライスではなくてピラフであり、チキンカツではなくて、トンカツ、そしてデミグラスソースをかけるそうだ。

 長崎では、このB級グルメを全国に売り出すためにトルコ大使館に相談したが、協力を断られてしまった。実は本場のトルコにはそんな料理はないらしい。しかし敢えて言えば、ピラフはトルコの一般的な料理で、明治時代にはトルコ飯と言われていたことがあるようである。とすればカツやスパゲティはピラフの付け合わせが巨大化した物なのか。(^o^)わははは・・・
 しかし、現時点ではトルコライスというのは、ナボリタンとカツと飯の盛り合わせ料理と言っても良いのである。今回のトルコライスでは、ピラフも無くなって、カレーライスになっていた。(^o^)わははは・・・

 このメニューは洋食屋で迷うメニューを一皿で味わえるわけで、アルバイトの金が入った腹を減らした若者が、いつもなら、メニューの中から一品を選んで注文するところで、「今日はプチブル(小資産家)だから全部載せのトルコライス」と決断する我が青春の臭いがする。しかし、実際は決断できないまま肥大化したバブルの時代の不健康な後遺症かも知れないね。(^^ゞ

本場長崎のトルコライスについてはネットにこんな記事があった。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック