早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
パソコンを Windows8.1update へ移行 
2014年04月12日 (土) | 編集 |
 4月9日ついにWindowsXPのサポート期間が終了した。我メインマシンもXpからWindows8へ移行し運用開始である。きのうは同日にダウンロードが始まった「Windows8.1update」を追加インストールして、2005年組立の我マシンも最新型になった。(^o^)わははは…
 Windows8は昨年10月に「8.1」となり、今回「8.1update」になったわけだが、その改善の中心は昔のWindowsの操作性への回帰である。今回から立ち上げるとスタート画面を回避してデスクトップ画面が直接表示されるのが初期設定になった。ストアアプリ使用画面にもマウスを天井に着けるとタイトルバーが表示されるようになり、ここに閉じるボタン☒がついた。下部には隠れるタスクバーも表示でき、ストアアプリを最小化してピン止めできる。タイル表示のスタート画面には電源ボタンも付いたし、各タイルは右クリックでの各種操作が可能になった。
 つまり、改良点は、もっぱらデスクトップとしてマウス操作で使用することを中心とする人に、新しいインターフェイスを介さず以前のWindowsと同じように、違和感なくマウス操作できることが目標だったのである。
 今回は盛り込まれなかったが、スタートボタンのメニュー復活やストアアプリを全画面表示ではなくデスクトップ上の1ウインドウとして利用できるようにする開発も行われているらしい。そこまで出来れば万全である。
 やはり、長年Windowsを使い慣れた圧倒的多数の人々の声を無視できなくなったのである。
        新しいWindows
 そんな訳で、XPから移行する私としては、この最新型を早速インストールしたわけである。しかし多くの人々にとっては、この「8.1update」ダウンロード開始のお知らせはまだ届いていない。ダウンロードには私の太古マシンの場合で処理に一時間近くかかったので、ダウンロードサイトの能力から、5月までに順次お知らせしてくことになるようだ。
 前回はストアからのダウンロードだったが、今回はマイクロソフトのウインドウズ・アップデートのサイトでチェック☑を入れることでダウンロードできる。とうやら今後は更新プログラムと同じように知らないうちにアップデートされる無料サービスになるようだ。

 新しいWindowsの使い心地については、おおむね満足である。やっとXP並へ戻ってきた。(^o^)わははは…
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック