瓢鯰亭日乗

一気に暑くなりましたね。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。

Entries

ザ・ホテル・カレー 芳醇ワイン仕立て

今日は暑い!
昼を過ぎて、24℃である。前回カレーを書いた日は7.6℃だった。

ハウス食品 ザ・ホテル・カレー 外箱デザイン さて、昨晩はハウス食品のザ・ホテル・カレーを食べた。これまたスーパーの安売りで、118円だったのである。普段は180円前後だと思う。ホテルカレーと銘打つだけあって、デミグラスソース系のなめらかできめが細かいきれいなソースである。かなり甘くコクもあって、味が濃い。しかし、その後でガッンと辛みもやってくる。けして子供用ではない。これはなかなかである。具は箱の絵に比べればはるかに少ないが薄切りの牛肉もよい舌触りだ。野菜類は煮溶かしてしまっている。
 日本の高級ホテルで食べる西欧風カレーというコンセプトは、しっかりと貫かれているようだ。

 しかし、ホテルのカレーというのも、日本的で面白いと思う。
 日本人がホテルのダイニングをちょっと利用するとき、あまり高価で立派なものを食べる気はしない。ついつい一番安くて、安心感のあるカレーなどを食べてしまうのだ。で、ホテルの方もあまり安物という感じにはしたくない。そこで西欧風のカレーの出番ということになるのだが、果たして海外のホテルのダイニングにはカレーは有るのだろうか。(^o^)わははは…
 さて、今回のザ・ホテル・カレーは、値段相応で、星二つ★★である。下手なホテルより美味いかもしれない。エビフライなどを載せてカレーソースとしていただいてもよいかと思う。新製品だが、低価格帯のククレカレーが、すつかりカリー屋カレーに置き換わっているように、従来のカレーマルシェなどに代わって、今後の主力商品化を狙っているのかもしれない。
 カレーはファミリーで作るものから、シティで個食するものへイメージが変わろうとしているのだろう。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

space

タグbyひょうねんてい

 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#糖質制限 #読書 #手帳 #温泉 #デジタルライフ #カレー #珈琲 #宗教 #民家カフェ #写真 #記憶力 #ライフログ #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事の一覧

管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計

ブログ内記事の検索

ひょうねんてい掲示板

たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★

飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)

by ひょうねんてい にちじょう