暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
iPhone6雑感
2014年09月23日 (火) | 編集 |
 iPhone6が発売になって、iPhone5の使用者としては一寸気にはなっている。(^^ゞ
 気になっているのはやはり5.5インチ画面のiPhone6 Plusだ。情報端末としては、持ち歩きに適当なサイズで、画面はなるべく大きく、パソコン並みの情報が見れるものが有り難い。

 しかし、webでなんとなく目に入ってきた情報から見ると、この新しいiPhone6は使い勝手の上から見ると、単に老眼用の「拡大鏡」であるらしい。というのは、実際に使うアプリの方はiPhone5用として設計されたものがそのまま大きく表示されるからである。iPadを使うと、iPhone兼用のアプリはiPhoneの画面が、そのまま馬鹿でかく表示されるので、笑ってしまうのだが、現在のところそういう状態のようだ。もちろん地図などは、拡大縮小ができるので、画面の大きさが生きると思うが、多くのアプリはただデカくなるだけで、情報量は増えない。
iPhone 3機種のサイズ
 今後はiPhoneのアプリの作り方も変わっていくだろうが、それには結構な時間が必要になるだろう。今のところは画面の拡大がそのままメリットになる場合は限られていると思うのだ。ただ私は老眼なので、表示がそのまま大きくなるのは魅力的である。(^o^)わははは…

 むしろ気になるのは対応する周波数帯が増えて、キャリアを選べるSIMフリー機が実効ある製品に仕上がっていることだ。これはアップルだけではなくて、アンドロイドの製品でも同じ状況が進行中だ、そして大画面のスマホはアンドロイドの方が進んでいる。だから私の次のスマホ(タブレット?)は、間違いなくSIMフリーで大画面の製品をMVNOで使うことになるだろう。

 iPhone6 Plusはちょうど一万円札と同じサイズである。商品券もこのサイズだ。一万円札を手のひらに載せると、結構大きい。この辺りがウォレットサイズというわけで、ポケットに楽々入り片手で操作できるサイズとしては限界だろう。そしてタブレットとスマホを一本にまとめられる一番小さい大きさだろう。これまでは過渡期だと思っていたので、帯に短したすきに長しの製品にいろいろ手を出して、ああでもないこうでもないと使い分けてきたのだが、現在のiPhone5の契約が切れる来年の9月頃には、本気で使うものを一本に絞り込む時期が来たと思っている。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック