暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
モタさんの手帳
2014年09月28日 (日) .
 精神的に疲れを覚えやすい時代なので、時々NHKテレビの斎藤茂太先生のカウンセリングを受けるようにしている。(^o^)わははは…
 モタ先生は斎藤茂吉の長男で弟は作家の北杜夫、2006年に90歳で亡くなっているが、著作は多くて、いま、紙芝居風の5分間番組になっているのだ。紙芝居の絵はいわさきちひろの孫の松本春野である。毎回、モタさんが折に触れて手帳にメモした「うまいことをいうものだなぁ」という名言をはさみながら、人生の緊張をほぐして、健康に生きる精神の持ち方をさりげなく伝授する番組である。
モタさんの言葉
  NHK モタさんの"言葉"の動画視聴ホームページへ

 もともとは手帳の使い方に興味があって見始めた。手帳というものは戦後ビジネスの道具となって、スケジュールで自分を律し縛る傾向が強いが、本来はこういう自分を豊かにするためのポケットサイズのメモノートだったはずだ。時々見返して、忘れていた自分の記憶に巡り合い「なるほど!!」と感心したいと思っている。(^o^)わははは…
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック