雨の日は映画館で

今日は目黒シネマで、映画2本立て鑑賞・シニア料金900円である。
今年は、目黒シネマで3回映画を見たが、どういう訳か3回とも雨である。まさか3月にこの表題でブログを書いた祟りではあるまいな。(^o^)わははは…
2014ana.jpg2014wd.jpg
 今回はディズニー映画2本である。「アナと雪の女王」は今年の春の大ヒットアニメ映画だが、なるほど良くできている。原作はアンデルセンで、ストーリーや登場人物はディズニー映画らしく大きく変えられているが、作品の主題はそのまま、現代的で解りやすく且つ楽しいものだ。画像の美しさといい、ディズニー映画らしい軽やかな筋運びといい、恐れ入りましたと言う外はない。(^o^)わははは…
 特に、原作では外面的には強く非情なはずの雪の女王を、不安定で自立を求める若い魅力的なヒロインとして描き、「Let it go(他人がどう思おうが、ほっとけ!)」を歌わせるなど、人類が弱者として厳しい冬に立ち向かってきた20世紀以前の発想では一寸考え付かない配役で、是非はともかく、今後の雪の女王のイメージは大きく変わるであろう。さすがは明るいカリフォルニアのディズニーさんである。

 この原作のイメージとディズニーの映画づくりについて、描いたのが、次の作品だ。
 「ウォルトディズニーの約束」は「メリーポピンズ」の映画化に際し、気難しい原作者パメラ・トラバースの承諾を得るまでのあれこれを描いたものだが、むしろ原作の著作の生い立ちにまつわる創作の背景を描いていて、筋書き的には原作者の大切にしている作品に込めた「個人の思い」をディズニーが理解して共有し、映画化にこぎつける過程というのが見どころである。

 気になっていた作品を発見して、見に行くというのが、名画座的楽しみであるが、900円で5時間弱も席を借り、しっかり楽しませていただいて、これは申し訳ない。(^^ゞ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)