毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
短型4色ボールペン@百均
2015年01月03日 (土) "
 以前から短型(ショート・タイプ)のボールペンが好きである。普通のペンは大体全長14cmである。これに対し私の言う短型は、全長12cm程度のものだ。普通の物は大体胸ポケットに縦にさす。他のポケットでは、長すぎてうまく収まらず、横になっていると折れそうで気になる。これに対し12cm ものは、収納場所や縦横を選ばない。だいたいどこでも収まってしまう。
 しかも、使い勝手は短いと言っても他のペンと異なるところはない。多色ペンなどは上部のボタンの操作性もよく、なぜこの手の品が多くないのか不思議で仕方がない。
 これまで、 短型4色ボールペンは以前紹介したトンボ・リポーター4・コンパクトしかなく、数本買いだめしてあった。

 ところが、新種を発見したのである。
 
短型4色ボールペン

 そこで、年末に気になっていたこの短型4色ボールペンを購入した。美しいスタイルで書き味も上々、とても百均で2本入りの品とは思えない。(^o^)わははは…
 数年前の百均のボールペンと言えば、中国製で、インクは固く、ボールの精度は低く、書き味など評価できるものではなかった。ところが素晴らしい進歩である。基本的には日本製に追いついてしまった。かっての日本製品がアメリカで粗悪品の代名詞だった時代を乗り越えて、圧倒的な信頼を勝ち得たように、中国や東南アジアの製品は長足の進歩を遂げている。
 ところで、日本国内には反中や嫌韓といった動きもあるようだが、相手が国力を着けて強気の時に事を荒立てても意味はない。すでに日本はこれらの国無しでは、経済が成り立たない。相手側もそうである。事を荒立てず、相互交流を図って、双方の利益の出るタイミングで決着を図るしかあるまい。(^^ゞ

 このボールペンは、取り回しがよく、細身で、グリップのゴムもないから、手帳のペンホルダーに挿すには最適でもある。換芯の長さは一寸特殊だが、規格は普通の油性ボールペン芯なので、他のボールペンで途中まで使った芯を短く切れば問題ない。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック