瓢鯰亭日乗

一気に暑くなりましたね。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。

Entries

トマ・ピケティ教授の講義

1月9日からNHK教育テレビで、話題の"Capital in the Twenty-First Century" (邦訳:『21世紀の資本』)の著者であるパリ経済学校のトマ・ピケティ教授の講義が始まった。約50分の講義(番組名: パリ白熱教室)が全6回である。
 画期的な著作の内容が御本人の口から語られるということで、興味を持って視聴した。しかし、門外漢の身では全く解らず、改めて録画ビデオで見直した。(^^ゞ

 理解できたのは、彼のアプローチが極々当たり前の地道なデーター収集であり、その結果として資本主義の実態を明確にしてしまったということだ。おかげで、これまで自説のために必要なデーターだけで、あれこれ発言してきた御用経済学者の顔色を無からしむこととなったようだ。(^o^)わははは…
 ピケティ等は、15年をかけて各国の税務統計をはじめとした厖大なデータを、なんと300年という超長期にわたって分析したのである。これは学問としては当然の行為だと思うが、これまではやろうと思ってもできなかった。IT技術の進歩が膨大な作業を可能にしたのである。

 結果として、資本主義による急速な経済成長は歴史の中では極めて一時的なことであって、経済成長は長期的には1.6%程度に落ち着く、そして資本運用の収益率は5%程度であるらしい。そして、労働による収益よりも資産運用による収益が常に上回るので、富は常に資産家の側に集中する仕組みになっているという。
 この研究が、アメリカではわずか1%の富裕層が、国の富の4分の1を握るようになったという事実とそのメカニズムを明らかにしたのと、これは歴史の中で繰り返されてきたデジャブの一つで、世界は今、極一部の冨者と大多数の貧者に区分されつつあると喝破したことで、彼は世界で一躍脚光を浴びる経済学者となったのだ。

 なるほどである。今回は第一回で、入門編だったが、あと5回なんとか付いていきたいものだ。(^o^)わははは…

バリ白熱教室 NHKホームページ
関連記事

*Comment

Eテレのメモを作りました 

初めまして。お早うございます。
拙ブログ「銅のはしご」で,このEテレのメモを作ってあります。仰るほど分かりにくいものではありませんので,ぜひご利用ください。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

space

タグbyひょうねんてい

 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#読書 #手帳 #温泉 #糖質制限 #デジタルライフ #カレー #珈琲 #宗教 #民家カフェ #写真 #記憶力 #ライフログ #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事の一覧

管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計

ブログ内記事の検索

ひょうねんてい掲示板

たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★

飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)

by ひょうねんてい にちじょう