新興宗教としての神道成立

 先日、「今から見れば、天皇教は明治維新政府によってでっち上げられた新興宗教だったのである。」と書いたわけだが、これについて違和感を持つ人も多いだろう。神道は日本の伝統だと思われているし、そもそも「天皇崇拝」が宗教だったと思っている人は、少ないかもしれない。

 しかし、創価学会・立正佼成会、はたまたオウム真理教が、仏教系の新興宗教だという事に異論のある人はいないだろう。それは伝統的な仏教勢力が今も存在しているから判るのである。
 神道の場合、もともと素朴な多神教であった上、平安初期ぐらいからは仏教の支配下にあって、宗教としての教義は進歩していなかった。

 ところが江戸時代になって日本のルーツをたどる国学が始まり、古代天皇制と神道が再評価されることになった。そして幕府の教学である朱子学は忠孝を大事にするが、江戸幕府は征夷大将軍で、理屈の上では天皇の家来という事になる。すると武士が忠義を尽くすのは天皇なのかという事になってきた。
 これは、外様として江戸幕府に抑え込まれていた長州藩や薩摩藩にとっては、倒幕のいい口実になった。将軍のおひざ元の水戸藩士でさえ、天皇にはからずに開国を決めた井伊大老の暗殺に動いたぐらいなのである。結果、日本を天皇の国に戻すという大義で、明治維新が成就する。維新とは「これを新たにする」という意味であり、新時代への政権移譲=市民革命ではなく、天皇制「復古」を意味している。

 さて、神道の方では、江戸時代の国学者平田篤胤が、キリスト教等の一神教をはじめとする世界の宗教や日本の土俗信仰を参考にして、新神道=平田神学を打ち出した。彼の著作は尊王攘夷派のバイブルとなった。そして明治政府も、西欧諸国のキリスト教の法王や大司教の存在を参考に、国家の精神的柱として天皇中心の国家宗教を確立しようと考え、神社制度の整備・改革を進めた。 その結果が廃仏毀釈である。この過程の中で、「神仏習合の寺院から神社を独立させる。あるいは寺院建築を赤く塗って神社とする。還俗させた僧侶を神官として任命する。」というような事が実施され、教義や行事も過去の文献や他宗教を参考にしたりして、急造されたのが明治の国家神道である。

 そして、同時に神社も市民生活に積極的に関与していく。たとえば、今では当たり前と思われている神前式の結婚式も明治33年の大正天皇の結婚式次第を参考に、現在の東京大神宮(飯田橋)が始めたのだそうである。それまでは日本の結婚式とは家庭でお披露目をする習慣であったのだが、東京大神宮はキリスト教の「一夫一妻を基本として神前で愛を誓う形式」を、神道式に置き換えたのだ。ちなみにわが両親はこの東京大神宮で挙式した。(^^ゞこの東京大神宮、近年は結婚願望女子のパワースポットに昇格して賑わっているのだそうである。(^o^)わははは…

 このように、日本においては、弱体化していた神道を丸ごと飲み込んでしまう形で、明治政府による新宗教=国家神道が普及したので、旧来の神道が目に見える形では存在しない。それゆえ「国家神道が新興宗教だった」と認識することがないのである。現在では国家神道は否定されているが、明治の神道復興の経緯があるのでいまさら昔の弱小神道には戻れない。

 古い時代から受け継がれている日本人の精神的感情は、生活のあらゆるところに存在して強固な物である。これは神道の中に色濃く残り、日本人はここから抜け出すことはできないだろうと思う。私自身も、日本人の精神的主柱はやはり神道に見られると思っている。しかし神道は一つではなく、天皇家の祖先たる伊勢神宮や、それとは異なる系統であろう出雲大社・諏訪大社など、本来、神道にはいろいろな流派があり、ここには古代人の精神生活が残されているのではないかと思っていて、これは実に興味深いものだろうと考えている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)