Googleフォトで写真のBackup開始

 デジタル写真の時代になって、写真撮影は安くて簡単便利になった。しかしちょっと困るのが、大量の写真の保存だ。パソコンに入れたままだと、いつ何時ハードディスクのクラッシュで大量の記録を失うことになるかもしれない。(^^ゞ
 私は自作のパソコンなので、内部に数個のハードディスクを実装し、バックアップを取っているのだが、手動だからついつい最近の物はバックアップを忘れている。また、同じ家の中で保存しているので、火事や震災など我が家が被害にあえば、バックアップの役割を果たせない。そこで考えるのはクラウドの利用だ。要するにインターネット上のサーバーマシンに預けてしまうのである。そうすると安心に保存が出来るだけではなく、世界のどこにいても必要な写真を取り出せるというメリットもある。これまでもマイクロソフトの提供するOneDriveというクラウドに古い写真をUploadして保存していた。

 ところが先月末にGoogleがこれまでのクラウドストレージの仕組みを改めて、「フォト」と呼ばれるサービスを始めた。これが中々素晴らしい。(^o^)わははは… 一番すごいのは保存データーを無料かつ容量無制限で受け入れるとしたことだ。これまでも300万画素程度の画像は無制限だったのだが、これが保存データー量として1600万画素の写真程度まで広がった。
 そしてデーターのサイズで制限するのではなくて、画素数はそのままでデーター圧縮をかけて保存するようにしたらしい。だから我々のカメラで撮った写真を我々が見たくらいでは正直判らないのだ。(^^ゞ
 細かい文字を撮影した文書の画像保存のようなデーターではさすがに荒れが見られるが、普通の写真では比べても判らない。これが無料で無制限なら、使わしていただかない手はない。ということで、6月6日の土曜日にフォトの自動アップロードのソフトを我パソコンにインストールして、内部の写真保存ディレクトリーをいくつか指定して、パソコンのスイッチを昼夜入れっぱなしにしている。
 このソフトはバックヤードで作業するので、気にしなければ良いのだが、ついついどこまでやったか見に行ってしまう。だいたい800kbps位の通信速度で、送信しているようで、最近のファイルから開始して、4日間で2011年頃までさかのぼって保存できた。28GB16000ファイル程の半分を過ぎたところだ。しかしこれから先は動画もないし1ファイルのデーター量も小さくなるので、終了は目前と思われる。

 こうして自動保存を設定しておくと、パソコンにカメラから保存した写真は、瞬時に自動的にクラウドに保存されるし、スマホで撮った写真等はまずここに自動送信されるように設定できる。天変地異が何時来ても私の写真は失われないのだ。データーは絶対大丈夫になったのだが、問題は本人が天変地異で死んでしまったら、何の役にも立たないという事である。(^o^)わははは… 写真データーもGoogleアカウントも自動消滅という事になる。まあそう割り切れば、あとくされも無くて良いだろう。(-人-)なぁ~無
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)