暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
アメリカオニアザミ
2015年06月24日 (水) .
 数年前から我愛車の腹の下にアザミが根を張っているのは知っていた。車の出入りで潰されてしまうので、大きくはならなかったのである。しかし、今年は根を十分に発達させたのであろう。しかも、車をほとんど動かしていなかったので、連休後一気に大きくなって花を咲かせた。アメリカオニアザミであった。
アメリカオニアザミ
 強烈な棘をもち、近寄りがたい個性と旺盛な成長力を持つ花である。アメリカと名がついているが、もともとはヨーロッパ原産で、日本にはアメリカから酪農用牧草に交じって、1960年代に北海道に進出してきたらしい。東京で見かけるようになったのは2000年前後のような気がする。
 かって、スコットランドがノルウェイのバイキングに侵略された時、夜陰に紛れて上陸したバイキングが海岸の草原でアザミの棘に刺されて悲鳴を上げて発見され、みごと撃退に成功した伝説から、この花は独立スコットランドの象徴であり、スコットランド国花となっている。またサッカーなどの対外試合ではイングランド国歌ではなく、この花にちなんだ愛国的な「スコットランドの花」という準国歌が、歌われるらしい。

 しかし、日本の自然にとっては危険な外来種であり、駆除対象植物となっている。最大1.5m位になるようだし、大きくなったらこの棘で根元に近寄ることもできない。(^o^)わははは… だから、しばらく観察したら除去しなければと考えている。馬鹿でかい綿帽子を作って、大量の種を飛ばすので、当面は花柄摘みをして飛散防止、梅雨明け後に地上部除去の予定である。(^^ゞ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック