瓢鯰亭日乗

一気に暑くなりましたね。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。

Entries

酸ヶ湯温泉湯治棟

 青森では、酸ヶ湯温泉旅館に2泊した。ここはヒバ千人風呂という混浴大浴場で有名だが、その辺の記事は数多あるので、湯治棟について書いておこう。私の選択したのは、一番安い素泊まり一泊4000円(連泊料金)の部屋である。これは、一人一室料金だが、3人で入れば一泊2500円になるらしい。北東の隅の裏山にべったり張り付いた北側の部屋であるが、静かで快適だ。しかも温泉付きで雑魚寝の山小屋より安いのだから、「ありがてえ~!」である。(^o^)わははは…
 トイレと炊事場は共用で、綺麗に整備されていた。炊事場は電子レンジもガスも無料で使える。流しは広くスイカやビールを冷やす流水槽も完備である。しかし食器や調理器具は少なく、売店には食材も少ない。自炊用品は持ち込みが基本と考えるべきである。しかし二泊ぐらいなら、パンやレトルト食品の持ち込みで、食の苦労は無い。部屋には結構大きな冷蔵庫があり、浴衣と丹前は付くが、歯ブラシなどはない。

酸ヶ湯温泉湯治棟

 木造の廊下の両側に部屋が並び、廊下はきしみ音がする。有り難いのは、青森駅前の「アウガ」裏から無料送迎バスが、朝昼2便あることで、直行一時間越の行程だから、これが旅行者にはうれしいのである。また、無線LANも部屋で使えるので、ネット接続も心配ない。
 まあ、食事付き宿泊にするなら、旅館部もそれほど値段的には変わらないので、そちらの方が利用者は多いようだ。しかし、私は気楽な湯治棟の方が好きである。別荘など持つより、こういう所を泊まり歩くのが本当の贅沢である。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

space

タグbyひょうねんてい

 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#読書 #手帳 #温泉 #糖質制限 #デジタルライフ #カレー #珈琲 #宗教 #民家カフェ #写真 #記憶力 #ライフログ #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事の一覧

管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計

ブログ内記事の検索

ひょうねんてい掲示板

たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★

飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)

by ひょうねんてい にちじょう