暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
酸ヶ湯温泉湯治棟
2015年07月04日 (土) | 編集 |
 青森では、酸ヶ湯温泉旅館に2泊した。ここはヒバ千人風呂という混浴大浴場で有名だが、その辺の記事は数多あるので、湯治棟について書いておこう。私の選択したのは、一番安い素泊まり一泊4000円(連泊料金)の部屋である。これは、一人一室料金だが、3人で入れば一泊2500円になるらしい。北東の隅の裏山にべったり張り付いた北側の部屋であるが、静かで快適だ。しかも温泉付きで雑魚寝の山小屋より安いのだから、「ありがてえ~!」である。(^o^)わははは…
 トイレと炊事場は共用で、綺麗に整備されていた。炊事場は電子レンジもガスも無料で使える。流しは広くスイカやビールを冷やす流水槽も完備である。しかし食器や調理器具は少なく、売店には食材も少ない。自炊用品は持ち込みが基本と考えるべきである。しかし二泊ぐらいなら、パンやレトルト食品の持ち込みで、食の苦労は無い。部屋には結構大きな冷蔵庫があり、浴衣と丹前は付くが、歯ブラシなどはない。

酸ヶ湯温泉湯治棟

 木造の廊下の両側に部屋が並び、廊下はきしみ音がする。有り難いのは、青森駅前の「アウガ」裏から無料送迎バスが、朝昼2便あることで、直行一時間越の行程だから、これが旅行者にはうれしいのである。また、無線LANも部屋で使えるので、ネット接続も心配ない。
 まあ、食事付き宿泊にするなら、旅館部もそれほど値段的には変わらないので、そちらの方が利用者は多いようだ。しかし、私は気楽な湯治棟の方が好きである。別荘など持つより、こういう所を泊まり歩くのが本当の贅沢である。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック