毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
オバマ大統領就任演説
2009年01月23日 (金) "
 年寄りは、寝付きが悪い。90分毎に目が覚める。ぐっすり寝れるのは、二度ほど目が覚めたその後だ。(^^ゞ そんな訳で、20日夜、正確には21日未明オバマ大統領就任演説は直前に目が覚めてテレビで演説を聞いてしまった。
 一見、理想主義的に見えるが、きわめて現実を見つめた良い演説だった。今までの政治を鋭く批判し、大きな方針転換を訴えながら、これまでの米国の歴史に敬意を払い、その伝統を称えることで、保守派をも巻き込む形で、変革を訴えていた。ブッシュ大統領に感謝を述べつつ、その面前で前政権の思想ををはっきりと否定して見せた。
 一介の泡沫候補から、ぐんぐん支持者を増やし、国民の圧倒的多数の支持を取り付けた彼は、まさしく今の米国に必要な国民統合の精神の象徴になり得る能力を持っているのだ。

     ★オバマ大統領就任演説全文 音声/対訳付き★

 しかし、オバマ大統領の話が始まる前に、画面を埋める人の波に恐れ入ってしまった。これだけの人が政治に参加するのは大したものだ。アメリカ民主主義いまだ健在なりというところか。(@_@)
 日本では青臭いと言われるような理想主義を、現実的な政治の場に据えることが出来る政治家を持っていることがうらやましい。日本の政治家が12000円の現生の話できりきり舞いしているのが、ほんと情けない。 (ToT)

 いやいや、これは政治家の問題ではないだろう。政治がもっと身近で、国民の前に明らかになっていれば、国民はそういう政治家をちゃんと選ぶに違いない。我々は巧妙に政治から引き離されているのだ。
        (V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック