暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
夏の塩コーヒー
2015年07月21日 (火) .
 塩コーヒーが意外とうまい。(^^ゞ
 アイスコーヒーに微量の塩を入れると、苦みを抑え、旨味を引き立てる。
 スイカやトマト、枝豆に塩を振るのと同じである。まあ、バカにしないでやってみるといい。(^o^)わははは…
 塩入りと気付くほど入れてはいけない。ほんの一振りである。まろやかで高級な味わいになる。

 もともと珈琲の原産地にして発祥の地のエチオピアでは、塩コーヒーは当たり前に飲まれているらしい。ならばエチオピアの様に暑い日本の夏では、塩分補給も兼ねて塩コーヒーは合理的だ。私は無糖の1リットル紙パック入りの安コーヒーに飲む時に塩を加えている。シロップを加えるよりはかなり安上がりだし、ウエスト肥大防止に効果的だろう。夏は塩分を汗で出すから、腎臓の負担も少ないはずだ。(^^ゞ
 これで味がガラリと変わるのである。

 お手軽に試すには、味の素からBlendyの「ソルティ微糖」というのが出ている。このてのボトルコーヒーとしてはたいへん良い出来で、美味い。
ブレンディのソルティ微糖
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック