早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
首のコリの治し方 
2009年01月26日 (月) | 編集 |
 仕事を辞めて、9ヶ月。自分勝手な暮らしをしているので、体の調子は良い。体にワガママを言わせていると、体が何を望んで、何をいやがるかわかってくる。本来の生活のリズムも見えてくる。それを理解した上で、健康な生活に調整していかなくてはならん。(^^ゞ
 特に、首周りは大分自由に動くようになってきた。首が動くのは肩が動くようになってきたからであり、肩が動くと、手の先や足の先までつながりがあるのが解る。歩き方もスムーズになって、全身が有機的に動くようになるのだ。

 生き物は水中にいたときは、浮力があるので首を支える必要は無かった。
 四本足で、陸上を歩くようになると、首としっぽを背中の腱で結んでバランスを取れば、重い頭も右や左に自由に動かすことが出来た。
 しかし、直立二足歩行をするようになると。頭は首の上にちょこんと載せられ、正月の出初め式の梯子乗りのごとく、四方八方から引っ張ることで、ようやく安定させることが出来た。
 首の周りは沢山の筋だらけになっのだ。

 この筋は体のあちこちに繋がっている。前は鎖骨や肋骨後ろは肩胛骨や背骨の腰に近い方まで広がっている。ストレスを受けて緊張したり、パソコンを見つめていたりすると、これらの筋肉は体を一定の位置に保つために、苦労をしている。そのうちに調節を諦め、なんと固定してしまう。これがコリらしい。

 今の私の課題は、この全身のコリを取ることだ。体のご機嫌を取っていくと、ここの筋肉が動いていないとか、だんだん理解がされてくるような気がする。肩の上で首が自由に動いて、目玉の動きと共同して、視点を即座に移動し固定できるようにならないと、走ってくる車も即座に発見できないので、危なくて道も歩けない。\(^o^)/わははは・・・
 年寄りの交通事故はこういうことも問題なんだな。

 首周りの筋肉のストレッチについて、おもしろいビデオを発見したので貼り付けておきます。
 私も、時々見ようと思っているのです。
 
   
関連記事


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/07(土) 02:18:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック