早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
ナポリタン@パンチョ秋葉原
2015年09月29日 (火) | 編集 |
 用もないのに、久しぶりに秋葉原へジャンクパーツ漁りに行って、ナポリタンを食べてきた。秋葉原も銀座線末広町駅に近い方は以前は場末も場末で、飲食店など無い所だったのだが、秋葉原が国際的にも名の知れた観光名所になって、電機以外に金を使う人間も増えたのであろう。色々な店が出来ている。
 「スパゲティのパンチョ秋葉原店」はパーツショップが並ぶ一角の地下にある。 階段の途中の曲がりには食品サンプルが置いてあって、同一料金の300g、400g、600gの量が判る。これに加えて、2.3kgの超ドカ盛も参考のため置いてある。折れ曲がった下り階段は、やや秘密基地めいていて、ドアの前には合言葉が必要な雰囲気がある。(^^ゞ しかし、店内は明るく、若者であふれていた。一番奥のカウンター式一人席で400gを注文した。
ナポリタン400g
 出てきたナポリタンは、奇をてらう事のない日本の正統派ナポリタンで、なかなかうまかった。 店内にはあれこれナポリタンの薀蓄が書かれた紙が貼られ、ナポリタンの啓蒙に努めているようだが、私的にはちょっと疑問だと言うところもある。
 というのは、以前書いたようにナポリタンと言うのは、喫茶店で食べるちょっとお洒落な料理だったのである。洋食屋で大盛りを注文すると言うのは、かなり後の時代の事だ。真っ赤っかでジュウジュウ・ベトベトは確かに美味いが、もう少し緑のピーマンなどを目立たせて、オシャレに食いたいものなのである。(^o^)わははは…

 まあ、味噌汁が付いてきて、目の前には粉チーズが米櫃パックの中にどっさり有るというところから見て、店主の意図は70年前後のお茶の水から神保町古書街あたりへのオマージュと見た。これは有りでしょう。(^^ゞ

  ところで、YOUTUBEに2.3kgの実食編が有りました。( ゚Д゚)ふぇ~
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック