暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
インスタントコーヒーの淹れ方
2015年12月03日 (木) .
 私は、普段は市販袋売りのレギュラーコーヒーを一日数回飲む。せっかくだから飲む行為・手続き自体を魅力的にしたいので、インスタントはあまり飲まない。しかし、インスタントも淹れ方によっては美味いなあと思うことが多い。

 不味い淹れ方は、インスタントコーヒーの粉に沸騰した熱湯を直接注いで、すぐ飲むやり方である。全体に粉っぽく、香りが無く、味が薄くなり、それでいて舌にきつい。しかし、こうした淹れ方をしたインスタントコーヒーでも、砂糖を加えてしばらく待ち、ややぬるくなると本来の味がしてくる。インスタントコーヒーは手軽なだけに、急ぐと美味しいポイントを外しやすいのだと思う。

 それでは、インスタントコーヒーを美味しく飲むにはどのような手続きが望ましいのか、考えてみよう。
 まず第一に、インスタントコーヒーの粉をカップに入れたら、少量の水で溶かすことである。カップを揺らして溶け具合を見ながら、数分待つ。
 第二に湯はポットの底から湯玉が上がり始めたぐらいの湯を使う。(多分80℃前後)あまり熱いと、コーヒーの香りが飛んでしまうし、味も変わりると思う。不要なエネルギー消費を避けることも合理的だ。
 第三にコーヒーの飲む時の適温は、人により、気温により、味により異なるので、好ましい温度に調整する。冷えるまで待ったり、電子レンジで暖めることだ。

 要は、インスタントだからと簡単に済ませず、最もおいしいポイントがどこにあるのかを探すことである。(^^ゞ

   coffee-cup.jpg

 さて、その他のコツとして、レベルアップしたいなら、一杯分の個包装のコーヒーを使う事を勧めたい。インスタントコーヒーも本来美味しい香りを持っている。これは製造時に揮発した香りを、わざわざ回収して再添加しているのだ。しかし香りは揮発性だから、大瓶ではじきに失われてしまう。
 甘味料も好みのものを選びたい。ストレートでも良いが、安物ほど甘みを加えて味を調整した方が美味い。私はパルスイートを使う。パルスイートには嫌味な甘さがあるのだが、苦いコーヒーにはこの嫌味な甘さが合うと思うのだ。白砂糖では味が素直過ぎる気がする。
 水はやはり井戸水が良い。白湯で飲んで美味い物であればよいだろう。

 そして、その日の気分で味を変えるられることが、インスタントを飽きさせないコツだ。ミルクや砂糖も加えて、量も調節された個包装のインスタントコーヒーは、一番美味い所に調整されていると感心するが、実に飽きやすい。飲む前から味が判るのは興ざめである。(^o^)わははは…

 なお、インスタントコーヒーを溶かす際、水で練ったり、泡だて器で攪拌したりしてみたが、かけた努力ほど、美味くはならなかったように思う。美味しいインスタントコーヒーの淹れ方は、私にとってはこの程度が一番良かった。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック