瓢鯰亭日乗

一気に暑くなりましたね。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。

Entries

のぼうの城@読書日記


 物語の舞台となった忍城(おしじょう)は埼玉県行田市にある。
 行田市には埼玉(さきたま)という地名が残り、埼玉県の県名発祥の地と言われる歴史ある地域である。ここにはさきたま古墳群があり、以前からこの地域には興味をもっていたので、この本を手に取った。忍城は、この古墳群の西側にある。

 豊臣秀吉が天下を取った最後の大いくさ、小田原北条氏攻めの時、北条の配下にあった忍城は秀吉配下の石田三成率いる大軍に包囲されて、大規模な水攻めに会うが、北条方の中で最後まで持ちこたえ、和議により開城する。小城ながら戦史に残る抵抗を見せたのである。

   のぼうの城

 この戦史を背景に、でくのぼうを縮めて、「のぼうさま」と呼ばれ無能と見られた男が、危機に際し、部下の才能を存分に発揮させて、石田三成の大軍に見事に抵抗する様子が生き生きと描かれる。だが、本人はあくまで困った馬鹿である。(^^ゞ
 小説から汲み取れる教訓は、本物のリーダーシップとは、個人の優れた能力で部下を目的へ引っ張る事ではない。他人の隠された本心を理解し、各人の意思に翼を与えて、皆の直面する共通の課題解決に邁進させることなのかと、思った。
 いや、これはリーダーシップの話ではない。民主主義なのかもしれない。
 損得ではなく、個々人に生き様を与える場を設定することで、組織は最大の能力を発揮するという事なのだろう。カッコ悪いが支持されるリーダーの姿である。

 本は毎日行く銭湯のリサイクルコーナーで、無料で頂いてきた。(^^ゞ 上下二冊3日ほどで読了した。
関連記事

*Comment

映画『のぼうの城』の主題歌ですが... 

今晩は。
映画『のぼうの城』は3年前の作品で最近地上波テレビでも放映されたそうですね。私は見られなかったのですが。
この映画の主題歌ですが, エレファントカシマシ「ズレてる方がいい」宮本浩次・作詞作曲
http://4472752.at.webry.info/201301/article_61.html
瓢鯰亭さんがここに書かれているように,宮本浩次がこの原作を読んだのではないかなと想像しています。

動画は,以下にあります。
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=mcafeess1&p=%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84

ズレてる方がいい 

 エレファントカシマシの主題歌いいですね。
 私は歌はあまり聞かないんですが、
 「はかないこの浮き世にゃあ 本気な方がいい」
 これぞロックです。(^^ゞ

 ズレてるのは、社会の表層なんですが、真面目に生きれば、こちらがズレてしまいますね。
  • posted by 瓢鯰亭亭主 
  • URL 
  • 2015.12/14 19:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

space

タグbyひょうねんてい

 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#読書 #手帳 #温泉 #糖質制限 #デジタルライフ #カレー #珈琲 #宗教 #民家カフェ #写真 #記憶力 #ライフログ #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事の一覧

管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計

ブログ内記事の検索

ひょうねんてい掲示板

たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★

飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)

by ひょうねんてい にちじょう